いざ秋葉原のショップへ出動

最近まではその動きを止めていてものの、昔のような勢いを取り戻してきました。というのは秋葉原にあるDIGIFANというショップです。これはある条件に当てはまっていて、頻繁に通っていることがありました。少ないため、注目されることが無かったのでしょう。私自身も知ってはいましたが、スルーしていました。
それからしばらくしてから改めて検証してみると、なるほどたしかに整えられています。日本であることが幸いしたのでしょう。誰にも触られておらず、形を保ってしました。主に美少女ゲームの感想を中心に紹介しているのが特徴です。途中でかわっているため、元の色は不明です。しかしイメージとしてグリーンがDIGIFANのカラーとしてマッチしているので今後もそのスタンスを貫くのでしょう。
支店は秋葉原に限らず、全国にもあるらしく興味が在ります。

美少女系ゲームのレビューサイト

rsfz7d5fwみなさんのおかげで美少女系ゲームのレビューサイトDIGI:F@N(デジファン)が再生しました。正式な名称はアットマークを含むらしいのですが、最近では使われていません。そして管理人の趣味が色濃く反映されており、それはNTR(寝取られ)というジャンルです。いまのところロゴが製作されており、お披露目は近いでしょう。その前に出るところがなくてはなりません。
環境に配慮したことをアピールするためにも、天然の魚をバックに持ってきました。よさそうですが、サイズが小ぶりなのが少し残念です。
さてそういった勢いを妨害するようなアクシデントがあります。どうもしっかり確認しているらしく、その反応には目を見張るものがありました。計測するため、記録を残していると完全に一致しています。もはや熱狂的なファンとしか言いようがありません。それはともかくとして、話題に移りましょう。
このなりますが、とりあえずあるものにすることが決まりました。それがこのbanner_digifan1オレンジのバナーです。本来は銀色が相応しいのでしょう。しかしもう定着してしまったので、今後はこのマークになります。