日を背にしてAKB48が水着で歌っている

その華やかなステージとは裏腹にファンからはけっして見られない場所で、骨肉の争いが行なわれているAKB48ですが、実際のところ歌よりも水着の方に興味があるのではないでしょうか。akb4801「いやそんな事はない」と自信をもって言える聖者のような人は少なからず存在しているとして、心の中ではどう思っているか確かめようがありません。個人的な見解や楽しみ方はそれこそ千差万別でしょう。雑誌のグラビアを飾っているのは決まってそういった画像ですし、女性の特にアイドルの場合はなくてはならないコンテンツと言えます。
モデルとなるつまり撮影されている側としては、もう少し季節に配慮してほしいのが本音の意見でしょう。しかしながらそれでは半年待ってからのリリースになってしまうので室内(プール)か温暖な海外で撮るしか手段は残されていません。まあ実際に海に入るのはめずらしいですし、仮にそうったアングルがあったとしても、泳ぐ事はできません。日焼けとかクラゲなどの問題もありますし、ビキニは特に最初から水着としての機能が備わっていない製品もあるので、時間が合っても砂浜で遊ぶ許可は出ないのでした。
これはAKB48のメンバーに限らず、アイドルであれば避けて通れない道となります。追い出されるように卒業してしまい、新しく女優や純粋な歌手へと歩き出す人もいるでしょう。